ダイレクトメールは個人や会社に対して届くメールや、郵便ポストに届くはがきなどのダイレクトメールなどがあり、企業の宣伝活動の一貫です。こうしたダイレクトメールは、受け取る人によっては迷惑だと感じる人も多いです。購入する意思がないのに、定期的に届くためです。しかし、ダイレクトメールは人によっては非常に有効的に活用できる情報が得られるきっかけになるといえます。最近では通販で買い物する人が非常に多くなりました。通販で買い物をすると購入店から定期的に送られてくることが多いです。こうしたダイレクトメールにはセールの開催情報などのお得な情報が掲載されていることも多いため、チェックするとよいです。また割引券などクーポンナンバーがついていることもあり、次の買い物の際に活用することができます。

資料請求でダイレクトメールを受け取ろう

ダイレクトメールは、例えば通販サイトなどで商品の購入をすると、購入時に登録した情報を元に自然と届くようになります。一度も購入していなくてもダイレクトメールを受け取る方法があります。それが資料請求です。買い物をする物にもよりますが、カタログなどが展開されているものであれば無料で資料の請求を行うことができます。資料請求を行う際に顧客情報が登録され、次回からダイレクトメールを受け取ることができます。また、資料請求以外にもメール登録システムがある場合には登録をすれば定期的にダイレクトメールを受け取ることができます。ダイレクトメールでのみセールや割引の対象を知ることもあるため、大きな買い物をする際にはまず資料請求を行うと良いでしょう。資料請求後にダイレクトメールによりお得に購入するチャンスを知ることができる場合もあるため、購入前に活用することをおすすめします。

ダイレクトメールでお得な情報収集を行う方法

ダイレクトメールは通販サイトへの登録や、資料請求を行うことで顧客登録が行われ、定期的にダイレクトメールが届くようになります。しかし、すべてのダイレクトメールを細かくチェックするのは非常に時間がかかります。また、あらゆるところからダイレクトメールを受け取った結果、チェックしきれずに結局お得な情報を見落としてしまう可能性もあります。そのため、あらかじめダイレクトメールを受け取るところを厳選しておくとよいでしょう。例えば、洋服であればお気に入りのお店はある程度決まってきます。こうしたお店のダイレクトメールを受け取り、その他のお店のダイレクトメールは登録を削除するなど、最初から受け取らない設定をしておくことでチェックする時間も短縮することができ、なおかつ自分に必要な情報のみ効率的に見ることが可能となるのです。