香典返しのやり方とは

香典返しは、少し前までは四十九日後にすることが多かったですが、最近では葬式の当日にすることが一般的になっています。冠婚葬祭にはしきたりや伝統が重んじられる傾向であるため、今でも四十九日後に行うこともあります。香典返しのやり方を調べたりしていると、半返しと言う言葉を知ることも多いと思いますが、これは弔問客からの香典の半額分の品を贈ることを意味します。香典返しで考えることは、何を返せばいいかということですが、特に決まりは無いとされています。しかし、最近の傾向として数が多くあっても困らない物、比較的短期間で消費できる物が選ばれています。基本的に置物などを贈ることは避けた方が無難です。百貨店などに買いに行くことも多いですが、挨拶状のプリントサービスを行う店舗もあるので、利用すれば手間や時間を省くことも出来ます。


香典返しに適した品物とは

香典返しの品物選びは、皆さん、御苦労されているようです。気持ちの伝わるものを選ぶにこしたことはありませんが、あくまで「仏事の後に差し上げるお返し」なので、商品選びも気をつけなくてはなりません。香典返しに選ぶ品物は基本的に、「後で手元に残らないもの・使い切ってしまえるもの」が良いでしょう。おめでたい席でのお返しだったら、記念に残る品物を選んでも喜ばれますが、仏事は「できれば、続けて起きて欲しくないこと」なので、手元に残るようなものを贈って相手の気分を害してしまっては、気持ちが伝わらず、本末転倒になってしまいますね。そのため、香典返しにふさわしいものとしては、お茶や海苔など、日常生活でよく消耗しそうな食品が良いと思います。日常的に使わなそうな食品だと、なかなか減らずに残ってしまうので、早く使い切ってしまえるような食品を選ぶことがポイントです。


香典を頂いた方にお返しする事を香典返しと言う

いわゆる香典返しとは、亡くなった方に対して熨斗袋などに包んで御香典と言う線香代として使って下さい。と言うお金に対して返すものなのです。特に規定は無いのですが、亡くなった方と関係にもより、香典の金額が異なる場合もあるのです。ですから、その異なる金額に対して、香典返しの品物も変わってくるのです。大凡、三種類から四種類くらいに分けられるようです。品物は、その地方独特なものです。また、最近では葬儀を一切取り仕切る業者もおり、その業者さんが香典返しの品物をも揃えてくれる場合があるのです。多くは焼き海苔と言う簡素なものがありますが、そのほかにも日常生活に必要な品物をそろえる場合もあります。その他では緑茶なども使用されているみたいです。中には梅干しとかサラダ油なども好評のようです。そういう品物を香典としての金額に合わせてアレンジして、香典を持ってきた方々に帰りに渡すのが習わしです。