心のこもった儀式を行いましょう。

葬儀はとても大切ですよね。
葬儀は人がこの世で行う人生最後のイベントと言えますので、出来るだけ良い葬儀を行ってあげたいものです。
良い葬儀と言うのは、何もお金を掛けると言う意味ではありません。
小規模な葬儀でも心のこもった葬儀を行う事が出来れば、それは素晴らしい葬儀となります。
葬儀は決して形式の為にあるわけではありませんので、心のこもった葬儀を行う事を第一として考えるようにしてください。
その為にはどの葬儀会社に頼むかと言うのがとても重要になります。
葬儀会社もいろんな会社がありますので、心温まる葬儀を行ってくれる所を選ぶようにしましょう。
今はやりの家族葬とかは私は良い葬儀だなと思うのですが、そういった家族葬を得意とする葬儀会社もありますので、自分が行いたいなと思う葬儀をきちんと行ってくれる所をお探しになって見てください。
「こういう葬儀を行いたいんですが」と言う要望に親身になって応えてくれる、そういう葬儀会社が良い葬儀会社と言えるでしょう。


久しぶりに参列しました。

先日、叔父の葬儀に参加しました。
出来てまだ新しい葬儀会場での葬儀でした。
お通夜の会場は椅子に座ってお参りをするタイプで、足がしびれることもなく、お参りに集中できました。
その日は葬儀会場に泊まったのですが、歯ブラシや、タオル、化粧水などのアメニティもまるでホテルのように充実していました。
もちろん、寝具なども清潔感がありました。
こちらの葬儀会場では葬儀の司会や、受付なども葬儀会社の方が行い、葬儀が終わった後の会食のセッティングや案内の放送などもしていました。
葬儀というものは、決めることも多く、悲しみに暮れる間もなくいろいろなことを決めなくてはならないので、葬儀会場の方に任せられるところはすべてお任せした方が、親族の方の負担も軽減されるでしょうし、参列者の方もスムーズに、しっかりとお参りできるのではないかと思いました。
今回、久しぶりに葬儀に参加して、冷暖房もしっかりと調節されていて、進行もスムーズにいき、今のお葬式はこうなんだなと思いました。